英語学校 留学

海外英語学校

海外留学で英語学習

TOEIC高得点を目指す、就活に備える、生涯学習として、仕事上必要。あなたが英語が出来るようになりたい理由はいろいろなケースがあるかと思います。

 

英語が出来るようになるためにはいったいどうしたら良いのでしょうか?新聞広告やヤフーなどで見かける広告などでも、英会話教材などを目にする機会も多いかと思います。

 

たとえば有名なところではスピードラーニングやエブリデイイングリッシュ。どちらも聞き流すことによって、英語ができるようになるという教材です。これで英語が話せるようになればいいのですが、本当にそうなるのでしょうか?

 

英語の学習方法はいろいろとありますが、一番効果的に英語が話せるようになるための方法は、海外留学が一番とも言われています。では、なぜそのように言われているのでしょうか?それは、絶対的に英語に触れる時間が長くなるからです。それと、英語の必要性が生じるからです。

 

海外にいれば、基本的には24時間英語の生活になります。そして、レストランに行くのも、買い物をするにも、人と話すにしても、会話は全て英語ということになります。そのような状況に長期間身をおくわけですから、英語を使う機会は、日本でどんなに英語を勉強するよるも多くなります。

海外留学の種類

それでは、ひとくちに海外留学といってもどのような種類があるのでしょうか?

 

一番ポピュラーな海外留学といえば、海外の語学学校に通うという留学。海外で英語のクラスを受講するという留学です。目的は、英語力のアップ。毎日、クラスで英語を勉強することになります。これが日本人の海外留学の一番多いパターンです。

 

それと、海外留学のほかの形としては、海外の大学の本科生になるという留学。これはある程度の語学力が求められますが、MBA修士課程など、英語が理解できるのをベースとして、現地の学生と混じって、一緒に学業するという留学です。こういった留学をするためには、TOEFLやIELTSで何点以上といった英語力の条件が大学によってあります。

 

また、ちょっと変わった留学としては、学校には通わずにホームステイだけするという留学形態もあります。ホームステイファミリーとの会話は、まさに実際の生きた英会話です。学校に行くかわりに、その分ホストファミリーとの時間を多く持ち、実践英会話を中心として英語の実力をあげていく留学です。実際には、ホームステイのみの留学の場合は、数日から数週間といった短期の留学が多いようです。

 

留学せずに英語学習する方法

いろいろな海外留学形態のお話をしましたが、誰でも海外に留学にいけるわけでは有りません。留学には渡航費と授業料、滞在費といったお金が掛かりますので、数十万円から100万円以上という費用が掛かります。これは誰にでも捻出できる金額ではありません。
また、社会人の場合、留学するだけの期間、会社を休めるということはなかなか難しいのが現実です。仕事をやめるでもしないと留学などできないという人が多いのが現実でしょう。

 

そのような人の場合、日本国内にいて留学のように英語力を付けられる方法はないでしょうか?

 

あなたが方法として頭に思い浮かぶのは、英語教材、英会話スクール、また、オンラインの英会話スクールを思いつく人もいるのではないかと思います。

 

どの方法でも英語力をアップさせることは可能ですが、どの方法がより効果的な方法なのか。これがあなたの気になるところかと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ