留学 体験談

洋楽と留学

洋楽ではじまり、海外留学で開花

もともと私は英語が大好きでした。初めて買ったCDも洋楽で、それは中学校の先生が教えてくれたアーティストでした。それからは私は邦楽を聴くよりも、洋楽を聴く方のが多くなり、耳が段々と英語に慣れていきました。

 

私の場合は独学でリスニング力をつけたために、それ以外がおろそかになってしまったのは言うまでもありませんでした。その時にきちんと英文法や読解力をつけておけば、海外生活で苦労はしなかったのでは?と感じています。

 

英語圏で暮らしてみて、いかに自分の英語力が「未熟」であったかを痛感し、誰に何を言われようと私は語学学校へ通学し徹底的に苦手部分(英文法、読解力)を克服するために努力しました。周囲の仲間たちも、母国語以外(非英語圏)だったので、お互いに分からないところは互いに教えあったり教わったりしながら

 

分からない部分は分からないままにしない、自分自身が納得いくまで質問し理解度を深めていくことが重要だと感じました。どうしても日本人は発言や質問をする、ということに、少なからず抵抗を感じているのではないでしょうか?

 

私もその一人でした。間違えたらどうしよう、とかそういった不安に駆られるのは私も同じです。けれど、英語圏の学校に通って気がつきましたが、間違ってもいいんだということを教えられました。英語を今、実際に学んでいる皆さんには、間違えてもいいから、どんどん覚えた英語や単語をつかってみることだと思います。

 

例え片言であっても、通じた時の喜びはひとしおです。日本語を学んでいる海外の方に片言の日本語で話しかけられた時と同じ感覚なんです。彼らも必死になって日本語を覚えようとしている、だから自分も!という気持ちになってくれたら嬉しいです。

 

日本に戻った今でも、私は英語の勉強を頑張っています。洋書を読んだり、街に住んでいる海外の方を招いての勉強会に参加したりしています。

 

TOEICの試験も今回初めて受験するので、初めて受験される方に言いたいのは、最初は度胸試しといった感覚で受けてみると良いでしょう。あまり身構えてしまうと、自分の実力が出せなくなってしまいますから、私はいつもと変わらない気持ちで受験したいと思います。英語は苦手だ、と思わずに、少しでも会話が出来たら、世界がそれだけでもグーッと広がります。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ