語学学校 注意点

語学学校の落とし穴

語学学校で気をつけること

せっかく海外に行って、英語を勉強するのに、クラスメートが日本人ばかしだったら台無しですよね。学校によっては、日本人率が80%を越すような語学学校もあります。クラスメートは日本人だらけという状況をあなたは望みますか?

 

学校によっては理由があって、日本人のみを募集しているところも有ります。それはそれで正当な理由があって、日本人の英語の弱点には共通点があるため、他の国籍の生徒と混ぜずに、日本人に合った授業を行なうという学校もあるのです。それはそれで理由としてはわかりますが、それだったら日本にある英語学校でいいですよね?

 

海外に高い費用を掛けて留学するわけですから、日本では再現できない環境で英語を学習する事が理想的です。そのためにも、各学校の日本人の割合は必ずチェックしておいた方が良いでしょう。

 

また、2月3月、8月から9月上旬は海外の語学学校では日本人の比率が高くなります。その理由は、日本の大学生の長期休みの期間にあたるからです。この時期には、各大学が短期留学プログラムを実施している事がおおいので、沢山の日本人学生がこのまとまった時期に、沢山くるという現実があることも知っておくとよいでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ